モテフィット 使い方

こんにちは。

みさきです。

皆さんは、モテフィットを使う時、パットには向きがあるってご存知でしたか?

実は、 私は最初それを知らなくて、しばらく逆につけていた事があったのです。

ちょっと違和感を感じていたんですが、そんなものかなと思い違和感を感じながらしばらく使ってしまっていたんです。

モテフィットにはパットに向きがあり、それを間違えてしまうと効果も半減です。

もちろんそれは、同封の取扱説明書にばっちり書いてあることなのですが、 ブラの説明書ってあまりきちんと見る人も少ないのかもしれません。

少なくとも私はそうでした。

ということで、この記事では、そんなおっちょこちょいさんのために、モテフィットのパットの向きについて詳しく解説していきたいと思います。

モテフィットの使い方

せっかくモテフィット購入したのであれば、きちんとした正しい使い方を 知り、 きちんとした効果を得てほしいと思います。

モテフィットは、 ただなんとなく使ってみるというような使い方ではなく、きちんとした正しい使い方で、適切な方法で使えば、バストアップや、 垂れ防止にとても効果的です。

せっかく購入したわけですから、 学んでくださいね。

モテフィットの使い方

モテフィットは、 普通のブラジャーとして使うことはもちろん可能ですが、ノンワイヤーのナイトブラなので、就寝中に使うのが最も適切な使い方だと言ってもいいかもしれません。

また、ノンワイヤーという特性を生かして、ヨガなどのスポーツ中に使う、スポーツブラとしてもとても適しています。

また、モテフィットを使ってバストアップを試みたい場合は、就寝中だけでなく、日中の使った方が良いでしょう。

モテフィットは、 ホールド感が強く、パットも分厚いので、授乳時や、卒乳後のバストの垂れ防止などの使い方としてもとても適切です。

このように、 モテフィットは様々な使い方が可能です。

是非、シーンに合わせて自分に合った使い方をしてみてください。

モテフィットの装着方法/付け方

1.モテフィットを履く

まず最初のステップは、モテフィットを履くことです。

ブラなのに「履く」ということに違和感を覚える方もいるかもしれません。

でもモテフィットは、 履くようにして、下からつけます。

2.バストに装着する

次は、 下から吐いたモテフィットを、 バストまで持ち上げます。

そしてストラップを肩にかけて、バストに装着します。

ブラジャーなので当たり前ですね。

3.脂肪を寄せて集める

この状態でも、モテフィットをつけたとはいえますが、ここで終わりにしてはいけません。

ある意味ここからがとても大事です。

モテフィットをバストに装着したら、できるだけ多くの箇所から、脂肪を寄せて集め、モテフィットの中に入れて行きます。

この時、上半身を前に倒しながらやると、より効果的だと思います。

モテフィット考案者のてんちむさんは、 YouTube の動画の中で、お肉は手首から集めてくるとまで言っています。

実際、脂肪というのは、位置を移動させることができるので、背中から脇の下から集めてきて、 モテフィットでホールドすることにより、バストのお肉としてしまうことができます。

背中などをスッキリさせる効果もありますので、モデルイットをつけるたびに、必ず毎日行ってくださいね。

これでモテフィットの装着方法は終わりです。

モテフィットの説明書

モテフィット購入すると、「着用ガイド」という名前で、モテフィットの取扱説明書のようなものが付いています。

その客様ガイドには、洗濯時の注意など様々な事が書かれていますので、購入した際はぜひ一読することをお勧めいたします。

モテフィットの着用ガイドには、着用方法だけでなく、着用時のチェックリストも付いています。

このチェックリストに従って、自分の付け方があっているか間違っているかを確認することができます。

また着用ガイドには、 QA も記載されており、どのぐらい使えるか、どんな風に使ったら良いかなどが書かれています。

ぜひぜひ一度チェックしてみましょう。

モテフィットの使用方法の例

正しくモテフィット装着できるようになったら、色々なシーンで使っていきたいものです。

モテフィットの使用例としては、まずなんといっても代表的な使い方としては、就寝中に使うつまり、ナイトブラとして使うという使い方でしょう。

モテフィットは、フィット感が強いので、 初めは就寝中に使うことには抵抗が出る人もいるようです。

でも多分それは慣れでなんとかなるでしょう。

他の代表的な使い方としては、ヨガやスポーツジムで使うという使い方です。

モテフィットはノンワイヤーなので、 運動中にワイヤーが当たるなどの弊害がありません。

また、見た目が下着っぽくないので、運動中に着用するのデザイン的として、とても良いと思います。

次は、育児中の垂れ防止です。

女性の場合、妊娠、出産の後、一旦はバストがありとてもバストが大きくなりますが、その後、断乳した後で、バストがしぼんでくるケースがとても多いのです。

そのタイミングで、 バストが垂れてしまうという人がとても多いのですが、モテフィットであれば、 バストが垂れてくるのを防止するのにもとても効果的です。

モテフィットを使うにあたり、最も期待したいこと言うことは、 バストアップなのかもしれません。

日本人は、貧乳が多いという話もありますが、実際には、ダイエットなどにより実際に成長するところまで成長していないという人がとても多いようです。

つまり適切な部屋によりバストアップを望める人はとても多いので、モテフィットを日中もつけることによりバストアップしたという人はとても多いです。

モテフィット 使い方/着用のポイント解説

モテフィットの正しい使い方がわかったところで、着用のポイントについて解説していきたいと思います。

胸にジャストフィットしていますか?

まず一つはサイズです。

ブラのサイズが合わないと、カップの中でバストが動いてしまったり、逆に小さすぎて寝苦しさを感じてしまうとか意味が阻害されやすくなってしまいます。

モテフィットの場合は、サイズは M サイズと L サイズしかありません。

伸縮性に富んだ素材であるということで、アジャスターでサイズを調節できるので、サイズ内に収まっている形であれば、よほど調整で何とかなるとは思いますが、それでもやはりサイズが合わなかったという時は、ジャストフィットするサイズのナイトブラに変えるのがいいでしょう。

着用時は鏡を見ながら

モテフィットというのは、 着用したらそれで終わりというわけではなく、バストの形や位置などを整えてほしいわけです。

中でも脇肉というのはカッパからはみ出しやすいのでしっかりと納めてホールドする必要があります。

また就寝時に着用する場合は、 リラックスして飲めるかどうかということもとても大事になってきますので、締め付けが強くないか?違和感がないかなどといった部分を確認する必要があります。

付け方を間違うと。。。

モテフィットの付け方を間違ってしまった場合はクーパー靭帯がダメージを受けてしまう場合があります。

例えば、睡眠中の寝返りは仰向けの上からバストを守れなくなってしまったり、バストの脂肪が流れて十分にバストが固定できなくなってしまったり、クーパー靭帯が痛んで、垂れ乳や離れ乳の原因になってしまったりです。

クーパー靭帯は、土台部分の大胸筋からバスを釣り上げていない規定させる働きを持っていますので、睡眠中にしっかりと固定することが大切です。

モテフィット 使い方/パッドの正しい使い方

モテフィットのバットには、ハート形のようなL字の膨らみがあると思います。

この L 字の膨らみが、バストのアンダーの両サイドの位置です。

そして、ハート型に膨らんでいる方が内側で、全体的に盛り上がっている方が外側になります。

覚えにくい方は、パットの L 字が向かい合うようにセットするという風に覚えるといいかもしれません。

ブラパッドには向きがあります

ちなみに表と裏は、触り心地でも分かります。

つるんとして凸凹のないほうが表側です。

パットの向きについては、 これではっきりと分かりましたか?

もし分かりにくい場合は、同梱の取扱説明書にもきちんと記載がありますので、もう一度よく見てみましょう。

くれぐれも、 パットの向きは間違いないようにしてくださいね。

ブラパッドの種類

水着のパットの種類というのは、主に三つのタイプがあります。

グラミーパッド

グラミーパッドというのは、最もボリュームのあるバストになれるバットで、なんと2から3カップもアップさせてしまうことができるパットです。

パットの膨らみ部分が多く胸を寄せて上げて谷間をメイクすることが可能です。

グラニーパッドというのは三角ブラや、ワイヤーブラ、バンドゥブラなどに使えます。

このパッドは主に水着用のパットで、普段日常使いのブラでグラミーパッドを使うという人はあまりいらっしゃらないと思います。

SP パッド

SP パッドというのは、三角形の下の部分に膨らみがあり胸を持ち上げて寄せてくれるパットです。

裏地の中やカップの内側に三角形のまま合わせ胸を持ち上げて寄せるという使い方をします。

モテフィットに入るパットはこの SP パットになります。

バストアップするためのパッドとしては SP パッドが最も適しています。

マルチパット

マルチパットというのは、カップと胸の隙間を埋めて安定感を出したり、面積の小さい三角ブラやバンドゥブラにも使えるマルチタイプのパッドになります。

三角ブラやホルターブラには裏地の中やカップの内側に縦長楕円に使用します。

このマルチパットは、 インポートなどのカップがついていないブラをに使う場合はカップをつけてからその内側に使うのが一般的な使い方です。

カップなしでパッドのみを使用するとバストが綺麗に見えないだけでなく水着の生地が僕を起こして見えてしまいます。

パッドの入れ方

モテフィットのパットの入れ方は、 詳しくは説明書に書いてありますが、脇の下あたりに入口があり中がポケット状になっています。

バットの入り口部分が狭くなっているので、ちょっと分かりづらくなっているかもしれません。

分かりにくい場合は、裏返してみるとよくわかります。

モテフィット裏返すと、バットの出入り口部分が見えます。

パットは少し折り曲げてからググっトイレとすっぽりと入ります。

左右同じようにパットを入れます。

パットを入れてみると、モテフィットのポケットはパットに比べるとやや広めに作られていることがわかると思います。

なぜこのような作りになっているかと言うと、パットの位置を調整するためです。

モテフィットのパッドは普通のブラと違うの?

モテフィットのパッドは、パットの種類でいえば SP パッドというタイプになります。

モテフィットのバットは、内側はハート型に膨らんでいて外側側出っ張りに盛り上がっています。表と裏はこのように見た目でわかります。

モテフィットの向きを合わせてパットを入れていきます。

脇の下辺りに 入り口があり、その中がバットを入れるためのポケット状になっています。

パットの出入り口は、 バットのサイズに比べてやや小さくなっているので、バットを折り曲げてぐっと入れます。

パットを入れると、ポケットの中というのはバケットに比べてちょっと広めに作られています。

なので自分の胸がきちっとホールドするようにパットの位置を調整します。

モテフィットのパッドの位置

最も大切なのは、鎖骨の中心と、乳頭を結ぶ正三角形が、黄金比になっているというのが最も綺麗なバストです。

底辺が離れすぎていると離れ乳になりますし、鎖骨からの線が長ければ、垂れ気味の乳ということになります。

このように、バストの形には個人差というものがありますので、自分のバストの形をよく知って、バットの位置を調整することが大切です。

モテフィットの、パットの位置は、大きい方の目のセンターをキープするように入れます。

そして、鏡で左右の高さを確認しつつ、左右の高さを調整します。

もし、バストの大きさが左右とても違っている場合は、 追加のパットを入れることを検討してもいいかもしれません。

モテフィットのパッドがずれる場合

もし就寝中や、運動中にパットがずれてしまうようなことがあるならば、パットの位置や向きが、悪いのが原因かもしれません。

もしパッドの位置がずれてしまうのであれば、 このようなことを見直してみましょう。

サイズは合っていますか

モテフィットは、フリーサイズですが、 M サイズと L サイズがあります。

バストのトップとアンダーによって、2種類ありますので、もしサイズ的に合ってないのであれば、自分に合うサイズのものにする必要があります。

付け方は合っていますか

モテフィットは、下から履くように装着して、バストの肉を脇から調整してつける必要があります。

詳しくは説明書に書かれています。

モテフィットの付け方は、 正しい付け方になっていますか?

パットの入れ方は合っていますか

モテフィットのバットは、脇にあるパットを入れる口から入れる必要があります。

直接胸に当てたりするような使い方ではないので、もし間違っている方は、正しい入れ方にするようにしましょう。

モテフィット 使い方/まとめ

モテフィットのパットは、一般的なブラのパットと違って、かなり調整が効くようにできているので、つけた後色々と自分なりにフィットする位置を見つけていく必要があります。

モテフィットでバストアップするためには、 パッドの位置調整というのが、肝になってきます。

くれぐれも向きを逆にして使わないように気をつけてください。

わからなくなった時は、ハートの出っ張りが出ているのが自分の胸に当たるようにするということを思い出してもらえれば、 間違えることはないでしょう。

今回はパットの向きについて色々と書いてみましたが、モテフィットブラ以外を使う時も、マットについて色々と気をつけるようにしてもらえたらいいなと思います。

是非とももデビットのパットの位置をきちんと正しい使い方をすることによって、バストアップをして欲しいと思います。

モテフィットの口コミと効果について。ブラジャーでバストアップを。モテフィットの口コミと効果について。ブラジャーでバストアップを。