モテフィット 授乳

授乳中のバストは、めまぐるしく変化します。

産後直後はまずボリュームアップし痛いほど張りが強くなります。

それから1ヶ月ほどで母乳が蓄えられ重さがアップします。

それから卒乳にかけて、どんどんとサイズがダウンし張りがなくなります。

この時が最もバストにハリがなくなり、垂れてくる時期です。

このような時期なので、授乳中のブラ選びは本当に大切です。

モテフィットは、授乳中に使ってよいくらなのでしょうか?

この記事では、授乳中にモテフィットを使うことのメリットやデメリットについて解説していきたいと思います。

モテフィットが授乳中におすすめの3つの理由

モテフィットが授乳中におすすめの理由1 サイズフリー

モテフィットは、 M サイズと L サイズがありますが、とても伸縮性に富んだブラデで、様々なサイズ形に対応します。

授乳中はバストの形が様々に変わっていくため、ブラ選びがとても難しいのですが、モテフィットであれば、どんな形にもジャストフィットするので、どんどんと形やサイズが変わる授乳中にモテフィットはとてもオススメです。

モテフィットが授乳中におすすめの理由2 アジャスター調節可能

授乳中は、前半はバストサイズがどんどん大きくなり、後半はしぼんできます。

なので、サイズ調整がきめ細やかにできることが望ましいのですが、モテフィットは、 独自のアジャスター機能により、サイズ調整がとても簡単です。

なので授乳中にとてもおススメです。

モテフィットが授乳中におすすめの理由3 ノンワイヤー

授乳中はバストが張ってくるので、ワイヤー入りだとバストにあたってバストが痛くなることがあります。

なのでノンワイヤーがオススメなのですが、モテフィットはノンワイヤーです。

また、単にノンワイヤーというだけではなく、モテフィットはホールド感が強いので、卒乳時にバストが垂れてしまうということを未然に防ぐことも可能です。

モテフィット/授乳用ブラはどうして必要なの?

これから、 出産する人にとっては、授乳用のブラが本当に必要かどうかという点についても気になるところなのかもしれませんね。

授乳中普通のブラのまま、という方もいらっしゃるみたいですが、できれば授乳中は授乳用のブラの方が、いいと思います。

というのは、まず授乳中というのは母乳がたまりに連れておっぱいが痛くなってくるのですが、 そんな時は、 下からの支えがある授乳用ブラというのは痛みを軽減してくれるという働きがあります。

それからもう一つ大事な働きとして、バストの形をキープするためにも、支えのしっかりある授乳用ブラを使うことがおすすめです。

モテフィット/授乳中のバストの変化について

バストの形やサイズというのは、出産前と出産後では大きく変化します。

また出産後の授乳中から、卒乳にかけては更に驚くほど変化していきます。

一般的には、妊娠とわかってから、出産までの間に、2カップぐらいは大きくなるのが普通です。

2カップといえば、 A カップの人でも C カップになるほどですから、これはかなりの変化と言えます。

少なくとも今使っているブラは使えなくなるでしょう。

また乳頭の間隔も広くなるので、妊娠中は、産前用のブラを使うのが一般的です。

ブラのサイズだけでなく、押したときの感覚もある時はムッチムチになったりと、本当に様々に変化をしていきます。

出産直後から、卒乳までの変化

出産直前

出産直後というのは、女性にとって最もバストにボリュームがある時期です。

ハリが強く、時には痛いほどです。

触った感覚としても、岩のようにカチカチになったりします。

本当に女性のバストとは思えないような硬い状態です。

歌手の松田聖子さんは、テレビのインタビューの中で、出産直後のバストというのは、大きくてボリュームがあるけれども、 夫には絶対見せられない。」と語っていました。

それぐらいボリュームアップしまた、触れた時の感触がとても堅いというのが出産直後のバストの特徴です。

産後1カ月

出産直後から産後1ヶ月ぐらいにかけて、ボリュームアップしたバストに母乳が蓄えられて生きて、さらに重さがアップします。

この辺りのバストの変化はとても個人差が多く、バストが張って張って仕方がないという人もいれば、それほど針はないという人もいます。

この時期というのは、最もバストケアなどとは言っていられるような時期ではないかもしれません。

とにかく数時間おきに赤ちゃんに母乳を含ませなければいけません。

バストの形がどうたらとか、たれたら嫌だとかそんなことを気にしていられる時期でもないのです。

ただこの頃に、 バストケアを怠ると、卒乳後に愕然とするほどバストが貼りに行かなくなり、 サイズもダウンしてしまいます。

なので、無理はいけませんが、できればバストケアというのはしたい時期でもあります。

卒乳

卒乳後は、一気にバストの張りがなくなり、サイズが大きくダウンします。

このあたりも個人差は大きいところですが、人によってはデフォルトが大きくそれ落ちて、見るに耐えないような形になってしまうという人もいます。多くの人は、この時期から必死にバストアップをするという人が多いです。

なのでモテフィットを卒業後から使うという人はとても多いのですが、できれば授乳中も使っていただきたいなというのが、本音です。

モテフィット/授乳中のブラ選びのポイント

授乳中につけるブラとして、とても大切なのは、ノンワイヤーであるということです。

授乳中はブラの付け髪耳が面倒なので、ペロンとめくって簡単に授乳できることが大切であるというのは一つのポイントになります。

また、パットのサイズが厚いこともとても重要です。

授乳中はバストの形やサイズがどんどん変わるので、厚いパッドでしっかりとホールドすることが、授乳後に耐えたりしないことにするための大切な要素になってきます。

モテフィットの場合は、 ノンワイヤーでかつ、バットも厚いブラなので、授乳中のブラとして必要な要素は押さえていると思います。

実際、授乳中にモテフィットを使っているという方はとても多くいらっしゃいますが、特に問題なくモテフィットを使用できているようです。

モテフィットを授乳中に使う時の注意点

モテフィット授乳中に使う時は、それほど大きな問題ではないのですが、ちょっとだけ不便なことがあります。

授乳中というのは、ブラの取り外しが面倒なので、簡単にバストトップをあらわにできるのが重要なのですが、モテフィットの場合は、 上からバストトップを露出させることが難しく、どうしても下からめくりあげる形になってしまいます。

モテフィットを授乳中に使う際は、 そういった不便があるということは始めに知っておいた方がいいかもしれません。

母乳パッドは必須アイテム

モテフィットの話とは少し逸れてしまいますが、授乳中は、母乳パッドというものもあります。

母乳パッドというのは、授乳中に勝手に母乳が溢れてきてもいいように胸にあてるパットです。

母乳バットは、肌に優しい素材で出来ており、通気性が良く、つけていても違和感がないようにできています。

価格もそれほど高いものではなく、だいたい1000円前後で購入することが可能です。

気になる方は、母乳パッドの使用の併用も考えてみてもいいかもしれません。

不安な場合は医師に相談しましょう

授乳中のブラは、卒乳後に足りないようにするためにも大切ですが、最も大切なのは、母乳が止まってしまうなどの弊害がないことではないかと思います。

今のところ、授乳中にモテフィットを使って授乳が止まってしまったという話は聞いたことはありませんが、 もしも気になる方は、一度医師に相談してみるのもいいかもしれません。

モテフィットが原因で授乳に弊害が起きるということだけは避けたいですね。

モテフィットは授乳後こそ使うべき

授乳後のバストというのは、人により個人差があるとはいえ、大抵の場合はデコルテが削げ落ち、バストが垂れてきます。

また、左右の大きさが違ってくるという方もいらっしゃいます。

なので、重要の課題としては、バストの左右差をなくし、それを舌でボルトをもう一度ふっくらとさせるということが大切になってきます。

モテフィットはバストアップのためのナイトブラですが、最も効果が発揮できるのは、こういった授乳後のバストアップなのかもしれません。

授乳後の削げ落ちたデコルテを復活させるには、3/4カップで、パットが厚いブラが最も適しています。

モテフィットは、しっかりとしたホールドでバストを左右からギュッと持ち上げますので、卒乳後のブラとしては本当にオススメです。

モテフィット 授乳/卒乳時のおっぱいケアについて

卒業というのは赤ちゃんが自らも人を離れていく時期のことを言います。

お母さんが都合でお乳を断つ断乳とはまた意味が違っています。

卒乳の時期は人それぞれですが、だいたい一切半から2歳ぐらいが多いと言われています。

卒乳時は、 すぐに母乳が出なくなるわけではないので、バストのケアは必要になってきます。

卒乳当日から3日ぐらいは、母乳の張りがピークになります。

この時期は両手でおにぎりを握るようにして、母乳を搾り出しておく必要があります。

卒乳3日から5日後ぐらいは乳房が軽くなるぐらいまですっきりするまで絞ることが大切です。

一人で絞りきれない時は、助産師にケアを受けることもひとつの方法です。

個人差はありますが、大体卒乳から23週間後ぐらいに母乳は出なくなります。

それから半年から1年ぐらいは、 にじむ程度に母乳が出ることはあります。

何かとバストをケアしていく時期なので、卒乳後もしばらくはノンワイヤーの、比較的着脱が面倒くさくないブラがいいでしょう。

また、バストのハリを復活させるためにも、モテフィットを使うことはとてもおススメです。

卒乳後に大切なケアとは?

これも人によって個人差があることですが、 卒乳後は、最もバストケアが必要な時期になってきます。

モテフィットをつけることもとても大事ですが、必要に応じて、バストアップマッサージや、バストアップクリームなどを使うことも必要になってくるかもしれません。

バストアップマッサージについて

バストアップマッサージは、それほど大掛かりなことをする必要はないと思います。

例えば入浴中や、入浴後に、10分程度のマッサージでも十分に効果はありますし、可能ならば行った方がいいと思います。

バストアップマッサージの方法については、 YouTube などを検索するとたくさんお方法が出ています。

自分に合ったものを見つけて、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

バストアップクリームについて

バストの張りは、バストの脂肪だけでなく、コラーゲンでできた乳腺の張りも大切です。

ただ乳腺というのは、コラーゲンを摂取したからといって回復してくるようなものではありません。

しかし、脂肪であれば、 ボルフィリンという成分をバストに塗布することにより、意図的に付着させることはできます。

ボルフィリンは、バストアップクリームと呼ばれるクリームに含まれていることが多いです。

もし、 デフォルトのそげ落ちが激しく、バストが垂れ下がってしてしまうと考えているのであれば、バストアップクリームの使用も考えてみるのもおすすめです。

モテフィット 授乳/まとめ

妊娠発覚から、卒乳までの間というのは、だいたい2年ぐらいの期間があります。

その間に女性のバストはめまぐるしく変化していくのですが、言い換えればこの時期こそがもっともバストケアが必要な時期だと言ってもいいかもしれません。

もし、今妊娠中だったり、今後妊娠して授乳中のバストをお探しの場合に、モテフィット使ってみようというのであれば、2カップぐらい大きくなってもいいぐらいのサイズを選ぶのがオススメです。

もし M サイズを使おうと思っているのであれば、 L サイズを購入しておく方が良いでしょう。

すでに M サイズが、ジャストサイズの方については、 モテフィットは伸縮性に優れているので、サイズ表を見ながら、ある程度余裕がありそうだというサイズの方であれば問題はないでしょう。

すでに L サイズにもぴったりの方は、授乳中はバストのサイズ変化が激しいので、モテフィット以外の授乳用ブラを使った方がいいかもしれません。

モテフィットの口コミと効果について。ブラジャーでバストアップを。モテフィットの口コミと効果について。ブラジャーでバストアップを。